• HOME
  • 評議員申請

評議員申請

支部評議員への推薦に関しては、支部例会1か月前までに支部長に申請書をご提出ください。評議員申請書はPDF版とWord版をご用意しております。お好きな方をダウンロードしてご使用下さい。

評議員選出基準(東北支部細則より抜粋)

第3条 支部評議員選出に関する事項
  1. 支部評議員の資格
    評議員は次の各項を満たすものとする。
    1. 医師免許取得後7年以上の医師であること。
    2. 7年以上引き続いて日本消化器内視鏡学会会員であること。
    3. 日本消化器内視鏡学会の専門医であること。ただし、専門が病理学である場合は、日本病理学会の専門医をもって代えうるものとする。
    4. 消化器内視鏡学に関する十分な経験と指導力を有すること。
      1. 論文:原則として、最近5年以内に本学会の学術誌(Gastroenterological Endoscopy、Digestive Endoscopy、Progress of Digestive Endoscopy、Endoscopic Forum for Digestive Disease)またはその他の学術誌に、消化器内視鏡に関する論文を発表(筆頭者または共著者)していること
      2. 講演:本学会総会または支部例会において、消化器内視鏡に関する研究成果を継続的に発表し、かつ、原則として、最近5年以内に次の条件のいずれかを満たしていること
        ①本学会総会または支部例会において、シンポジウム、パネルディスカッション、ワークショップ、特別講演等(いずれも演者5名以内)に演者として参加していること
        ②本学会総会または支部例会もしくは支部セミナーにおいて、司会または座長もしくは講師を務めていること
      3. その他:上記AまたはB①のいずれか一つが筆頭者であること
    5. 特例措置等
      ※選出基準に満たない支部評議員については、支部会則に特別推薦支部評議員の条文を設け、若干名の範囲内で対応する。
  2. 支部評議員の選出
    1. 申請書類は一定の書式により支部例会の1ヶ月前までに支部長に提出する。
    2. 支部評議員は幹事会の議を経て、支部評議員会において選出され、支部長が委嘱する。
    3. 支部長は、本会の運営上必要と認める場合、幹事会と支部評議員会の議を経て支部評議員を委嘱することができる。